心筋梗塞は早期の発見が重要|対処が遅れると危険

辛い症状に負けない方法

笑顔の女性

症状を楽にしていくには

女性の閉経前後の時期に見られる更年期障害は、人によっては症状が重くなるような場合もあります。少しでも症状を軽くしていくには、対策を行わなければいけません。1つは、何でも無理をしないように気を付けていきます。仕事や家事もそうですが、症状が重いときに無理をしてしまってはますます辛く感じてしまいます。職場や家族に事情を説明するなどして、なるべく体を休めながら無理のないように行っていくようにしましょう。次に大事な対策は、治療を始めるようにします。更年期障害は、昔と比べてだいぶん治療ができる環境が整ってきました。更年期障害を診てくれる病院は、婦人科と精神科や心療内科があります。また、美容クリニックでも更年期障害を一部で診てもらえるところもあり、対策の幅は広いです。以上の対策を意識して行っていくようにすれば、肉体的・精神的にも楽になってくるようになります。

選べる治療法

婦人科や美容クリニックで行われる治療では、ホルモン補充療法があります。女性ホルモンのエストロゲンの減少をこの方法で補っていくので、ホルモンバランスを整えてくれるのです。海外では一般的に行われている治療となり、日本でも普及が広がってきています。ただし、副作用の心配や薬に頼りたくないという場合は、漢方を選ぶ手段もあります。漢方は薬と違って副作用の心配もほとんどなく、女性ホルモンの減少に体が上手く慣れていくように整えていく作用を持ちます。希望をすれば病院でも処方されるところがあるので、相談していけば問題ありません。精神的な症状が強い場合は、精神科や心療内科で診てもらえます。この場合は抗うつ薬などが処方され、これで不安定な精神状態を整えていくようにします。症状や希望する治療法で対策を選べることから、更年期障害は決して諦めることなく、我慢する必要もないのです。対策を十分に行っていくようにすれば、乗り越えられるときがやってきます。